« 住宅が実践している省エネルギー方法 | ホーム | 「夢」は不思議で面白いもの »

2016年4月28日

ペーパードライバーの私

主人からたまに言われるのですが、ペーパードライバーの私に、そろそろ車の運転の練習すればという言葉には私はちょっと困ります。
私が免許を取ったのはもう5年以上も前になります。
そして、さて車買おうと思ったら主人との結婚が決まったので、転勤とか考えてとりあえず車を買うのはやめたんです。
それから、主人が車を買い換えたのですが大きくて練習する気にもなれず、妊娠したので余計に避けて通ってしまいました。
そんなこんなで免許取ってからずっと運転してません。
今や、アクセルとブレーキがどちらかも忘れてます。
なのに、免許あるんだから乗ってみればと軽く言われても困るんです。
また乗るなら、また運転教本を勉強し直して、実地練習をたくさんしてからにしたいと思います。
ずっと車の運転をしてきた主人からしたら、だれでもやってるから出来る、と思えるのでしょう。
けれど、ブランクがある人にはそんなに気軽に乗れません。
もし、次に車を運転するために頑張るとしたらそうせざるを得ない理由が出てきたら、だと思います。
今は家にあるクルマは主人が通勤に使ってるし、ごくたまに乗るためだけに連絡する気にはなれないんです。
乗れるようになったら便利だというのは良く分かるんですけど、勇気が出ません。
脱毛サロン 初回

このブログ記事について

このページは、authorが2016年4月28日 13:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「住宅が実践している省エネルギー方法」です。

次のブログ記事は「「夢」は不思議で面白いもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。